栄養価を最大限吸収するため、 栄養を吸収しやすい体質改善に取り組む生活者の増加

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

温活!真っ先に取り組むべきは、食事・飲み物の見直し | Rhythm (リズム)

冷え改善のスペシャリスト内科医・医学博士、川嶋朗先生にインタビューする連載2回目。 前回、で、体が冷える理由や、冷え性によって起こるトラブルなどを川嶋先生に伺って理解したところで、本日は生活の中でできる冷え性解消を進めるための、具体的な温活方法をお聞きします。 今回は食(食事や飲み物)に関する温活です。 内科医・医学博士 川嶋朗 東京有明医療大学保健医療学部鍼灸学科教授。 東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門担当医。 近代西洋医学と代替医療、伝統医療をあわせた統合医療の第一人者であり、『冷えとりの教科書』(マイナビ文庫)をはじめ、著書多数。さらにウーマンウェルネス研究会にて、女性に役立つ健康情報を発信中。 口にするのは、常温以上が鉄則! 守らずして冷え改善は叶わず —— 先生、温活に取り組むとしたら、何から始めるべきですか? まずは冷たいものを口にしないこと。冷蔵庫から取り出した食べ物や氷の入った飲み物を体内に取り込めば、内臓が冷えるのは当然です。常温以上のものを食べたり、飲んだりするようにしましょう。 よく食べ物を口の中でいったん温めてから胃へ流し込めば大丈夫、と考えている人もいるようですが、それは大きな間違い。口の中へ入れた時点で、腸の血管は収縮して血流が悪くなり、冷え始めます。 —— となると、夏の風物詩“そうめん”は……? 「温活」という意味では、最悪の食べ物です。〝そうめん〟なら〝にゅうめん〟〝ざるそば〟より〝かけそば〟、〝冷やし中華〟なら〝ラーメン〟を選ぶのが正解です。 —— 冷たい飲み物&麺類が大好きな私ですが、ガマンが必須ですね。 体を温める食材を選ぶ。体を冷やす食材なら、加熱するひと手間を それでも体が冷えるなら、食材にこだわりましょう。以下のような食材は体を温める効果があります。 ・寒いときにとれるもの ・寒い地方でとれるもの ・色が濃いもの ・味が濃いもの ・地中に向かって伸びるもの 例外もありますが、カボチャやニンジン、タマネギなどが代表格で、体を温める食材として有名なショウガやニンニクなども有効です。 チューブ入りのショウガを持ち歩き、外でも料理やドリンクにトッピングする、通称“ジンジャラー”といわれる人たちがいますが、これはとてもいいことだと思います。 ——

続きを読む

ぽかぽか温まる!体温を上げてくれる飲み物6選 | Rhythm (リズム) | ホットドリンク, ハーブティ, 体温を上げる

2015/10/28 - まだ肌寒い朝晩もある今日この頃。肌寒さを感じる日は、温かい飲み物が恋しくなります。外で飲むホットドリンクの味は格別で、体も温まってきますが、温かい飲み物や食べ物をとっているからといって、必ずしも体温が上がるわけではないのです。 例えば、コーヒーや緑茶は、温かくても利尿作用があるため、身体を冷やす場合も。体温を上げて冷え性改善を目指すなら、飲み物はしっかりと選ぶことがポイントです。今回は、体温を上げる飲み物を紹介します。また、反対に体を冷やす原因となる飲み物についても知っておきましょう。 温活は女性の身体を守る武器!冷えは様々な不調の原因になる 男性に比べると女性の体は冷えやすく、2人に1人が冷えでの悩みを抱えていると言われています。夏場は薄着になりやすく、職場や家庭でクーラーが付けっ放しになっていると体は芯まで冷えてしまうように。 また、冬はクーラーから受ける冷えとは違い、主に外気からの寒さが原因で体温を徐々に奪われ、体全体の冷えにつながります。冬場は特に、内と外の気温差が激しく、その気温差により体調不良を引き起こすことも。 冷えが続くと女性ホルモンの低下や自律神経の乱れが起こりやすくなり、頭痛や関節の痛み、腰痛、腹痛を伴うことがあります。冷えにより血流が悪くなることで、新陳代謝が低下してしまい、疲れも伴いやすく、髪のパサつきや肌荒れの原因にもなります。 冷えているときだけでなく、1年というスパンで冷え対策をすることが、結果的に体調を整え気力の充実にもつながっていくでしょう。毎日の検温を習慣にすることで、思わぬ不調を予防することにもつながります。 体温を上げてくれる飲み物11選 体温を上げる飲み物を飲み、体の内側から温まりましょう。飲み物で手軽に温活をおこなえます。 1.紅茶 紅茶はカフェインを含むため、体温を下げるのでは?と思われがちですが、製造過程で発酵しているため、体温を上げる効果があると言われています。また、朝に飲むことで、さらに効果が高まります。代謝が上がり、集中力もアップ。 また、糖質を分解してくれる働きも。ショウガを入れて「ジンジャーティー」にすると、さらに体温を上げる効果が高くなります。カフェインが入っているので、寝る前は飲むのを控えましょう。日中に、1日2~3杯を目安に飲むのがおすすめ。

続きを読む