日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

これからの小売業は、空間あたりに陳列できる商品数ではなく、空間あたりの意味の大きさを重要視するようになる

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

“一冊の本を売る書店”森岡書店が銀座一丁目に銀座店をオープン|MORIOKASHOTEN

MORIOKASHOTEN|森岡書店オーナーの森岡督行氏が特別寄稿“一冊の本を売る書店”森岡書店が銀座一丁目に銀座店をオープン銀座一丁目に建つ昭和4年竣工のビルで、東京都選定歴史的建造物に指定されている鈴木ビル1階に「森岡書店銀座店」が2015年5月5日にオープンした。オーナーの森岡督行氏が銀座店をオープンするまでに思いを紹介する。 Photographs by Nacasa & Partners Inc.,KANEKO MayumiText by MORIOKA Yoshiyuki (MORIOKASHOTEN)店舗設計はcmykと吉里謙一氏“一冊の本を売る書店” ―― 独立して書店をはじめて今年で10年目になります。この間、本の出版記念展を繰り返しおこなってきましたが、そのなかで、筆者と読者のあいだに幸福な会話が生まれる現場に幾度となく立ち会うことができました。“幸福な会話”は、書店と出版社にとっては売り上げにもつながります。私は次第に、このようなイベントを継続的におこ...

続きを読む