日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

仕事はアンチエイジング。 ワークは脇役、ライフがメインの生活に

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

餃子屋の女将、夜の顔はDJ。79歳DJばあちゃんの"より楽しく生きる極意"。 | HEAPS

DJ界に定年ナシ ゆとり世代から、欲のない"さとり世代"へシフトしてきた現代。冷めきってしまった若者たちは、かつて持ち合わせていた好奇心と行動力を失ってしまった。対照的に、第二の人生を謳歌するため、活発な"行動力"を発揮する現代の高齢者たち。その中に、若者たちの憧れ、「DJ界」に足を踏み入れたファンキーなばあちゃんがいた。 昼は女将、夜はDJプレイヤー 高田馬場にある老舗餃子店に、噂のDJばあちゃんはいる。店の扉を開けると、「いらっしゃいませー」と響き渡る声。中華鍋を握り、手際よく調理するこのおばあちゃんこそが、御年79歳にして「DJ界」に足を踏み入れたDJ SUMIROCKこと、岩室純子さん。2011年から麹町にあるDJスクールに週1で通い、東京のみならず、パリやノルマンディーなど海外のイベントでのプレイ経験を持つ。 自分のセレクトするメロディでフロアがノって沸くことの快感を覚え、すっかり「DJ」の醍醐味の虜となった彼女。もともと音楽業界で働いていた経験があるわけではなく、いわば、音楽ド素人であった彼女が「DJ」を始めたのは、ワーキングホリデーで日本にやってきたフランス人男性がキッカケだった。イベントを主催する彼に誘われ、何度かイベントへ出向くうちに、クラブの楽しさ、踊ることの楽しさを知った。そして、「DJやってみたら?」と勧めてくれた彼の一言にのっかり、スクールに通うことに。通い始めて、約3年。彼女は「いまは自主留年中なの」と未だ上を目指し、日々特訓中だ。 困難なんてなんのその!ばあちゃんを奮い立たせる原動力 「79歳のおばあちゃんがDJに挑戦」。想像するだけで、大変だったに違いないと踏んでいたが、会って話を聞いていると、そんな勘ぐりは一気に吹き飛んでしまった。「若者の中に入っていって苦労したこと? 1回もないわよ。周りの人がどう思っているか分からないけど、自分ではとけ込んでいるつもり」と彼女は吹っ切れたトーンで話す。

続きを読む