日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

新幹線での移動時間を仕事時間として使えるような取り組みが誕生

TRENDS記事の解説を読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

着目した記事

東海道新幹線、のぞみ7号車が「S Work車両」に N700Sには打合せブース導入 | 鉄道ニュース | 鉄道新聞

JR東海はこのほど、東海道新幹線におけるビジネス環境の整備に向けた取り組みを発表した。 「のぞみ」の7号車を、モバイル端末等を気兼ねなく使用したい乗客向け「S Work車両」(EXサービス専用商品)として試行設定するほか、N700S車両については7・8号車に従来の約2倍の通信容量を備えたWi-Fiサービスや「喫煙ルーム」を改造した「ビジネスブース」(打ち合わせなど一時用)を導入する。また一部駅についても待合室の改良や個室のワークスペース設置などを行う。 「S Work車両」の開始は2021年10月1日より。各取り組みの内容や開始時期など詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。 リンク JR東海ニュースリリース JR東海特設ページ (adsbygoogle = window.ads...

続きを読む

新幹線内で「グロービス学び放題」の無料公開へ 移動時間を活用した「学び」を支援(AMP[アンプ]) - Yahoo!ニュース

グロービスが提供する、ビジネスナレッジの定額制動画学習サービス「グロービス学び放題」は、2021年10月1日以降、東海旅客鉄道(以下、JR東海)が東海道・山陽新幹線内に設置するビジネスパーソン向け「

続きを読む