日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Tipsy Drinker

低度数アルコールを通して、ストレス発散、気分の整えを実現している中国の若者生活者

KeyWords
  • ほろ酔い
  • 情緒発散
関連業界
  • アルコール
  • 飲料
国・地域
  • 中国

概要:「Tipsy Drinker」とは?

お酒文化の強い中国において、アルコールは飲み物よりも社交ツールとして捉え、接待や宴会など社会ステータスを象徴するものであり、中でも特にアルコール度数の高い「白酒(中国発祥の蒸留酒)」が好まれている。また、お酒の飲用者は30代後半から50代後半までの中年男性が多い一方、従来のビジネス社交に抵抗感の高い若者には酒文化に興味関心度が低下していると言われている。しかし、若者はお酒は飲まないのではなく、彼らは自分たちの独自な酒文化を生み出しており、我々はこの人たちを「Tipsy drinker」と呼んでいる。彼らにとってお酒は宴会や招待でのビジネス社交のために飲むではなく、自宅でひとり、または公園で少人数の友達と一緒にストレス発散、気分のリフレッシュ、情緒の整えのための飲み物として捉えている。お酒の中身も白酒のほかに、ウィスキーやブランデーとお茶、アイス、乳酸菌飲料などと自由に組み合わせてまるでお酒はコーヒーのように気軽に作り、クリエイティブ性を求めている。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ