Sleep Booster

自分の時間を確保するために睡眠時間を削っても
睡眠質を向上する生活者

KeyWords
  • エンターテイメント
  • 健康志向
  • 睡眠
  • 短時間睡眠
  • 美容
関連業界
  • ヘルスケア
  • 食品
  • 飲料
国・地域
  • 中国

概要:「Sleep Booster」とは?

忙しい現代人にとって時間はいくらあっても足りないもの。平日は仕事に時間を取られ、週末は友達や家族と過ごすため、自分でコントロールすることのできる時間は寝る時間しかない。せっかく1人の時間なのに寝たら勿体無い、昼に仕事で取られた時間を補うために睡眠時間を削り、好きなドラマやゲーム、オンラインショッピングを楽しんでいる人たちがいる。睡眠時間を短縮する代わりに、睡眠の質を高めることで、日中の生産性が下がらないように疲れを残さないように、入眠前に様々な行動に取り組んでいる生活者を「Sleep Booster」というトライブとした。彼らは入眠時間の短縮、睡眠の質の向上を実現するために、足湯をやったり、安眠飲料を飲んだり、入眠コンテンツを聞いたりするなどの工夫をしている。このトライブを調べることで、中国における、睡眠市場についての未来や変化について洞察する。ここではCESで紹介されているグローバル企業の事例ではなく、中国の独自性にフォーカスをして先進的な生活者、および関連事例を紹介する。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ