日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Single-Positive

従来の家族観とは異なり、結婚という選択肢を取らず、自身の生活を謳歌するベトナムのミレニアル世代

KeyWords
  • ライフスタイル
  • 働き方の変化
関連業界
  • 不動産
  • 教育
  • 消費財
国・地域
  • ベトナム

概要:「Single-Positive」とは?

ベトナムでは従来より、早期に結婚して親に自分の子供を見せることが家族 / 親戚の中での礼儀とみなされてきた。そのため、ベトナム人、特に女性は20代前半で結婚をすることが多く、都市部・農村部問わず早婚文化が根付いた国である。また、日本とは異なり結婚前の同棲が売春とみなされるなど、恋愛観に対して規律が厳しい側面がある。しかし、ここ数年ベトナムのミレニアル世代の間で、こうした家族や親類からの圧力を意に介せず、単身で生涯を送る選択を取る生活者が増えている。このような生活者たちを「Single-Positive」と名付けた。所得の向上や、職種の多様化などにより、従来のベトナムの家族観 / 結婚観とは異なる価値観での人生設計を選択する彼らにとって、理想的なライフスタイルはどのように変わっていくのか。「Single-Positive」を調査することでその行動や価値観を分析していく。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ