日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

SFC Report

次々とイノベーターを世の中に輩出する
慶応湘南藤沢キャンパスの調査

KeyWords
  • 多様性
  • 学生
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • 教育
国・地域
  • 日本

概要:SFC Report

イノベーションがバズワードとなった現在、さまざまな企業がいままでにない革新を生み出す新しい切り口を取り入れるため、先進的な技術や知識を取り入れている。最近のこのトレンドより先行して、神奈川の田舎で常に最先端を突き進んできた大学がある。それが、1990年に設立された慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(以下SFC)だ。設立当時「未来からの留学生」のコンセプトでインターネットをいち早く導入し、先進的な取り組みを続けてきたこのキャンパスも今年(2016年)で26年目を迎えている。多様性の高い授業のカリキュラムと実践的な校風は、今も昔も変わらない。SFCは設立当時、その先進性と有名大学の新設学部という観点から、就職市場において高い期待値を持っていた。その後、企業への定着度の低さなどから人気が停滞した歴史がある。しかし今、その先進的な研究分野を企業が求めるようになったこともあり、再度注目を集めているという。
今回は、未来からの留学生を育ててきたSFCの今に着目。”異端”と称され続けたSFCはいま、どこに向かっていくのか。なぜSFCがおもしろいのか。本レポートではSFCの学生、そしてそれを生み出す構造に注目し、このキャンパスが持っている未来の教育に向けたユニークポイントを探る。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ