日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Reworker

新しい働き方やキャリア形成の方法を発見し、実践している人たち

KeyWords
  • キャリア
  • ライフスタイル
  • 仕事
  • 働き方の変化
  • 副業
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • インテリア
  • サービス業
  • 住宅
  • 空間デザイン
国・地域
  • 中国
  • 北米
  • 日本

概要:Reworkerとは

2019年から働き方改革が施行され、日本の働き手のワークスタイルが変革され始めている。ほぼ同時期から副業解禁が話題になり、令和の始まりに新たな働き方のあり方が問われている。この背景には、2020年TOKYOオリンピックの開催も影響している。世界から観戦者が集まるタイミングで日本は旧来的価値観の国ではなく、時代をリードするビジネスを生み、新たなスタイルを提案する国でありたいという思惑もあるはずだ。これに対して大企業ではまだ働き方の確かな正解を見出していない。このような動きに対して、企業単位ではなく個人単位では働き方をRedesignし、新たなスタイルへとReformし始めている人たちがいる。今回は新しい働き方やキャリア形成の方法を発見し、実践している人たちをREWORKERと名付け、リサーチした。彼らを調査し、働き方に対する価値観やキャリア形成を理解できれば、企業のワークスタイル(働き方・オフィス設計など)のヒントを得ることができる。また働き方には表裏一体で休息の方法もある。この働き方と休息の双方に注目し調査した。副業サービス、キャリア支援のあり方、働き方構造の設計について学びがあるはずだ。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ