日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Relief Shopper

サステナブル文脈における罪悪感を感じずに、心地よい暮らしの追求を行いたいと考える価値観を持つ生活者

KeyWords
  • SDGs
  • サステナブル
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • アパレル
  • エコ
  • コンテンツ
  • ファッション
  • 食品
国・地域
  • グローバル

概要:Relief Shopperとは?

近年、エコ消費やエシカル消費といった形で、生活者個々人がサステナブルに対する取り組みの一環としての消費行動が増加している。特に緊急事態宣言の発令までに至ったCOVID-19の影響により、自分が所属する社会と自身の一個人は密接な関係にあり、地球環境や社会課題は決して他人事ではない意識が醸成されているようになっている。

こうした動きの中、企業が環境に優しい取り組みをしていると宣伝する一方、実際は計画と矛盾する活動や、誤解を招くマーケティングを行うグリーンウォッシング問題も増加しており、ミスリーディングな企業活動が多発している。

本レポートではこのようなサステナブルに関わる社会や自身に対して、環境に対して負荷が少ない購買・消費行動の選択を行うことにより、サステナブル文脈における罪悪感を感じずに、心地よい暮らしの追求を行いたいと考える価値観を持つ生活者を『Relief Shopper』と名付けた。

彼らはサステナブルだからといって受動的に購買・消費を行うのではなく、それらが自分のライフスタイルをより豊かにしてくれるものとして捉えている。彼らが商品選択において重視する要素を深掘ることで、未来の顧客体験のデザインのヒントとなるかもしれない。

 

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ