日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Recurrent Planner

就労と学び直しを繰り返すことを前提として
ライフプランを設計する生活者たち

KeyWords
  • キャリア
  • ライフスタイル
  • リカレント教育
  • 教育
関連業界
  • キャリア
  • ライフスタイル
  • 教育
国・地域
  • 日本

概要:Recurrent Plannerとは?

近年の日本の雇用体系は終身雇用制からジョブ型雇用へと変化しつつある。そんな中、30-40代で一度退職し、再び大学などの教育機関に入り、学び直しを行う生活者が登場している。従業員の学び直しを支援する企業が登場したり、また、AIに仕事を奪われたり、新しい技術を身につけた若い世代に追い越されないようにしようという動きもあることから、学び直しを求める人が増えている。その中で、学び直しの実践方法として、退職後や就労中に学び直すのではなく、教育と就労を繰り返すことによって、知識やスキルをアップデートしたいと考えているのだ。そこで、今回は彼らを「Recurrent Planner」を名付け、調査した。これまでは学びと労働は人生の一つのサイクルとして成り立っていたが、そのサイクルを数年かけて繰り返し、生涯学習を行うことを目標にライフスタイルを設計している。そのため、彼らのような価値観を持った人が増えることによって、学び直しを支援するプランナーが求められたり、学び直しを行うことを前提として貯蓄や早期に子育てや家の購入などを行う人が増えるかもしれない。Recurrent Planner を調査することによって、キャリア形成だけでなく、ライフスタイルや資金運用における新しいアイデアが見つかるかもしれない。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ