日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

プロセス・フードテイカー

インスタントに健康効果を得るために加工品を活用する
健康意識の高いミレニアル世代

KeyWords
  • スナック
  • ミレニアル世代
  • 健康志向
  • 加工食品
関連業界
  • ヘルスケア
  • 食品
  • 飲料
国・地域
  • アメリカ

概要:「プロセス・フードテイカー」とは?

スナック類や冷凍食品などの加工品を健康に対して害がある悪モノだと決めてかかるのではなく、手っ取り早く健康効果を得られる手段に成り得ると捉え、敢えて加工品を日常で活用する行動をしている人をプロセス・フードテイカーというトライブとした。背景には、アメリカのミレニアル世代におけるライフスタイルの多忙化と健康意識の高まりがある。手間をかけずに、かつリーズナブルに健康でありたいという欲張りを満足させる方法として、加工品に対する捉え方に変化が生じている。彼らは、子供の朝食として、冷凍のオーガニックワッフルを与えたり、必要な栄養素を補給できるジュースだけで一日を過ごしたりする。この効率化された健康生活を目指すトライブを調査することで、過去数年間のキーワードとなっていたオーガニックとは違う文脈での健康に対するについての未来や変化について洞察する

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ