日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

プレッパー

緊急時に備えたサステイナブルな暮らしをする
危機管理能力の高い生活者たち

KeyWords
  • サバイバル
  • 備蓄
  • 危機管理
関連業界
  • 食品
  • 飲料
国・地域
  • アメリカ

概要:「プレッパー」とは?

日頃から緊急時を意識してサステイナブルな暮らしをする生活者を「プレッパー」と名付けた。彼らは生活用品や食料品が購入できない状況を想定して備蓄を行っている。また自宅の庭で耕作を行ったり、家畜を飼育したりして日頃から自給自足の生活を送り、緊急時でも外部の状況に左右されない、サステイナブルな生活を好んでいる。近年はミニマリストが世界的なトレンドだったが、アウトソーシングを前提としたミニマリストの生活はコロナ禍によって維持できなくなってしまった。そのため日頃から緊急事態に備えるプレッパーの暮らし方がアメリカ社会において注目されるようになってきている。コロナ禍により生活が制限される状態は一時的なものかもしれない。しかし、生活が制限される状況はいつ到来してもおかしくはないという危機感はアフターコロナでも持続するだろう。アメリカで増加しつつあるプレッパーを調べることでアフターコロナの生活者の暮らしの変化を予測することができる。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ