Pollution-Adjuster

大気汚染が問題視されるアジア諸国において
働き方やライフスタイルに工夫をこらす生活者たち

KeyWords
  • モビリティ
  • 働き方の変化
  • 移動
  • 美容
関連業界
  • サービス業
  • モビリティ
  • 化粧品
  • 家電
国・地域
  • アジア

概要:「Pollution-Adjuster」とは?

タイやベトナムなど、東南アジア諸国の近年の経済発展の速さが注目されている。しかし大規模な都市計画が各国の首都を中心に著しい速度で行われた結果、大気汚染の深刻化が社会問題化。呼吸器官の健康被害を訴える人口が増加している。このような状況を受けて、外気との接触時間を最低限まで減らすような生活習慣を実践している生活者が登場している。例えば、アジア諸国では一般的である外食利用から屋内への食品配達にシフトしたり、バイクでの移動ではなく、モビリティサービスを積極的に利用している。このような生活者を

「Pollution-Adjuster」というトライブとして定義した。彼らは「如何に外気に触れる時間を短くするか」を重視して行動している。このトライブ「Pollution-Adjuster」の健康観やライフスタイルを調査することで、アジア諸国の都市部におけるインドアアクティビティの在り方や働き方の変化といったライフスタイルの変化の兆しや、外出時に求められる大気汚染対策の商品に求める価値の示唆などが明らかにできるのではないだろうか。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ