プラント・ペアレント

家族や家を持つ代わりに植物を持ち、世話をすることで
狭くて無機質な生活空間や孤独な心の隙間を埋める
アメリカ・ミレニアル世代の生活者たち

KeyWords
  • 観葉植物
関連業界
  • インテリア
  • ウェルネス
国・地域
  • アメリカ

概要:「プラントペアレント」とは?

従来インテリア・アイテムとして考えられていた観葉植物に、家で自分を待っていてくれる、頼ってくれるペットのような存在として新たな価値を見出している人を「プラント・ペアレント」とした。背景には、子供を育て、家族を作ることや、庭のある持ち家を持つことが経済的に難しくなり、生活環境の工夫や独り者の精神的セルフケアに注目が集まっている社会状況がある。彼らは、家の中に植物をコレクターして100種類以上の観葉植物を家で育てたり、植物愛好家同士で育て方のノウハウや植物自体を交換したりしている。このトライブを調べることで、「ミレニアル世代が精神的に求めていること」に関するヒントを得て、ウェルネスに関するサービスや商品の発想につなげることができるだろう。日本の都市圏にも当てはまる社会状況の中で生まれたトレンドから、日本のミレニアル世代の未来洞察にも通ずると考える。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ