日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ペット・ラバー

人間がペットの主人ではなく、むしろペットが主人であるかのようにペットに尽くす中国の生活者たち

KeyWords
  • ペット
  • 単身富裕層
  • 独身貴族
関連業界
  • ペット関連商品
  • 医薬品
  • 家電
  • 消費財
国・地域
  • 中国

概要:「ペット・ラバー」とは?

まるでペットの奴隷になったかのように忠誠をつくし、ペットが少しでも心地よい生活が送れるように出費を惜しまない中国の生活者たちを「ペット・ラバー」とした。彼らのほとんどが都市部で一人で生活する若者で、その多くが地方出身者である。故郷を離れて一人で忙しく暮らしている彼らは、日々の孤独と疲れをペットで癒す。一人暮らしで家を空けることが多い状況でも、ペットが快適に生活できるように、ペットシッターサービスやペット専用のスマートデバイスなどを活用しているのが特徴である。ペットを第一に考え、高額な商品も惜しみなく購入し、中には毎月月収の1/3をペットに献上する者もいる程だ。猫奴族を調査することは、彼らの拡張された家族観を知ること、そして食事や掃除用具、ファッショングッズなどのペット関連用品を中心に新規の商品開発やローカライズのヒントを与えるであろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ