日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Neo-Emigrant

フルリモートで仕事をすることによって、
仕事も居住地もそれぞれ一番好きなものを選ぶ人たち

KeyWords
  • グローバルノマド
  • コミュニティー
  • 住まい方
  • 働き方の変化
  • 暮らし
関連業界
  • IT
  • ウェルネス
  • サービス業
  • 住宅
  • 嗜好品
国・地域
  • グローバル

概要:「Neo-Emigrant」とは?

フルリモートで仕事をすることによって、転職・退職することなく、好きな場所へ移住し、仕事とプライベートを両立する人々をNeo-Emigrantと名付けた。以前からフリーランスのエンジニアなどを中心に、オンラインで仕事をすることで、田舎や海外へ移住する人々が見られていたが、Neo-Emigrantは、移住前の会社でフルリモートで仕事をすることによって、仕事を変えることなく移住をしている点で彼らとは異なる。彼らはオンライン上だけでも仕事に必要な人間関係を構築できると考えている。そのため仕事の都合に合わせて職場のある都心部に住む必要はないと考えており、より暮らしやすい場所へと移住をする。コロナによって多くの仕事でリモートワークでも問題なく仕事ができることが明らかになった。リモートワーク化がさらに進めば、今後は仕事に縛られない自由な暮らし方を選ぶ生活者が増加するだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ