日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Mental coaching parents

子どもが精神的に自立できるようにするために積極的にメンタル教育を行う親たち

KeyWords
  • α世代
  • メンタルケア
関連業界
  • 教育
国・地域
  • 欧米

概要:Mental coaching parentsとは?

近年、様々なメンタルケアグッズやサービスが人気となっている。そんな中、大人だけでなく、子どもへのメンタル教育を行う親が登場している。イギリスでは以前から子どものメンタルケア問題が社会問題とされ、コロナ禍を経て、子供への精神的負担が強まり、子どもの9人に1人は、精神障がいを患っていると報道されている。このような背景から、近年、子どもに積極的にメンタルケア教育を行う親が登場している。彼らは子供のメンタルケアをサポートするゲームや子ども向けのセラピーサービスなど親ではなく子どもが主体的にメンタルケアを行える商品やサービスを活用して、子どもが落ち込んだメンタルを自分で回復できるように教育しているのだ。彼らは子どもたちの自立を学業や経済面についてだけでなく、精神状態もセルフコントロールできるようになることとも捉えているのだろう。このようにメンタルケアの意識が若年化することによって、親が理想とする教育観や親子の関係にも変化が訪れるのではないだろうか。Mental coaching parentsについて詳しく調査することで、子ども向けのプロダクトやサービス開発や訴求におけるヒントを得られるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ