日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

MBAペアレンツ

子供が将来優秀な人材となるために、
幼少期から子供の能力開発に率先して取り組む生活者

KeyWords
  • ヘルスケア
  • 子育て
  • 教育
  • 早期教育
関連業界
  • ヘルスケア
  • 教育
  • 食品
国・地域
  • グローバル
  • 日本

概要:MBAペアレンツとは?

近年、シニア世代をきっかけにリカレント教育に注目が集まっている。人生100年時代においてリタイア後の学び直し欲求の高まりがある中、この学び直し欲求はZ世代を始めとした若い世代にも広まっている。若い世代の生活者たちは、世界的な不況やコロナ禍における不安定な経済状況を経験したことで、一つの職業や企業で勤めることよりも、様々な専門性のあるスキルを保有することが重要だと考えるようになっている。このような現代社会の状況は、今後の子供に対する教育において大きな影響を及ぼすのではないだろうか。そんな中、自身の子供をより優れた人材へと育てるため、幼少期からビジネススクールなどの教育を施すことはもちろん、子供の知育や育脳を目的とした⻝品やサプリメントを積極的に与えている親のことをMBAペアレンツと名付けた。彼らは、幼少期から子供にさまざまな経験をさせることはもちろん、将来的に子供が領域に縛られず働き、生活していけるように子供の能力開発を進めていくことを重要視している。このMBAペアレンツを調査することで、彼らが子育てに求めることとは何か、どういった目的で子育てを行うことを理想とするのか、または⻝事や生活習慣において子供の能力開発をどのように進めているのか、様々なヒントが得られるのではないだろうか。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ