日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

FIRE

20代30代で経済的心配から開放され好きな場所で好きな仕事をする暮らしを実現するアメリカのミレニアル世代

KeyWords
  • Z世代
  • キャリア
  • ミレニアル世代
  • ライフスタイル
  • 働き方の変化
  • 投資
  • 暮らし
  • 消費観
  • 節約
  • 調査済み・レポート有り
  • 金銭管理
関連業界
  • 不動産
  • 住宅
  • 教育
  • 消費財
  • 金融サービス
  • 食品
国・地域
  • アメリカ

概要:贅沢よりも自由を目指すトライブ「FIRE」とは?

20代や30代という人生の早期において、経済的に独立した状態を目指すアメリカのミレニアル世代の生活者をFIREと呼ぶ。彼らは生活のためにどこかに勤めて収入を得る必要があるという縛りから解放されている状態を目指しており、そのために、一定以上の貯蓄があり支出を抑えながら生活をすれば「4%ルール」という金融理論に則って生活ができるという考え方を主軸に人生における収支計画を立てている。その状態が実現された暁には、好きな野菜を育てたり、ボランティア活動をしたりなど各人それぞれが、納得の行く時間の使い方をすることにこだわっているのだ。あくまで欲しいのは「お金のために働かなくて良い自由であり、贅沢がしたい訳ではない」というのが大きなポイント。現代のミレニアル世代が志向するライフスタイルを理解するヒントを、このエクストリームなFIREたちの調査得ることができるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ