日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Etsy起業家

オンライン・プラットフォームで個人のブランドを立ち上げて起業する米国の生活者たち

KeyWords
  • E-コマース
  • EC販売
  • Z世代
  • 働き方の変化
  • 副業
  • 起業
関連業界
  • EC
  • IT
  • キャリア
  • 教育
国・地域
  • アメリカ

概要:Etsy起業家とは?

2020年のパンデミックによってオンラインで買い物をする人が増加した。Amazonはもちろん、個人の手工芸品の販売を支援するというコンセプトで立ち上がったEtsyや、古着販売のプラットフォームであるDepopなどのユーザーが激増。それに伴いオンライン・プラットフォームで商品を販売する個人も増加している。彼らの中には自宅で作業をしながら2~3点の商品を売り出すことからはじめて、年間数千万円から数億円規模の売上を出すビジネスに成長させる人も存在している。こうしてECプラットフォーム上での売買だけでブランドを立ち上げビジネスを作り出す個人たちを「Etsy起業家」と名付けた。大きな投資を必要とせず日々プラットフォームから取得できる顧客データを分析しながらビジネスを成長させていく個人たちを、私たちは未来の働き方や起業に関するヒントを持った一群の生活者と捉えて調査をした。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ