Eスポシューマー

eスポーツを起点に新しい遊び方の消費を実践している生活者

KeyWords
  • VR
  • Z世代
  • エンターテイメント
  • ゲーム
  • コミュニティー
  • ライフスタイル
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • エンターテイメント
  • スポーツ
  • 娯楽
国・地域
  • グローバル
  • 中国
  • 日本

概要:Eスポシューマーとは?

近年、日本ではeスポーツがブームになりつつある。プロのeスポーツ選手の登場や賞金総額20億円以上もある大会の運営など、若者中心に裾野が広がりつつある。
2017年にはスマホで「PUBG」という最大100人で、最後の一人になるまで同じステージで戦いを繰り広げるバトルロワイヤルゲームが一部の若者の間で流行した。eスポーツを楽しむ人はオンラインの音声機能を用いて3~4人で会話をし、不特定の相手ともプレイするといった特徴がある。
こうした点に着目すると今後、個人に閉じたゲームを楽しむのではなく、複数人で戦略的にゲームをするようなエンターテイメントが益々盛り上がっていくと予想される。本レポートではeスポーツをオンライン上で楽しむだけでなく、オフラインの場にもコミュニティを広げたりとネットに閉じない遊びをしている『e-スポシューマー』の調査から、オンライン/オフラインのエンターテイメントの変化を考えたものである。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ