Co-Residents

コミュニティを求めて複数人で共同生活をする
アジアの都市部の若者たち

KeyWords
  • ミレニアル世代
  • ルームシェア
  • 住まい方
関連業界
  • モビリティ
  • 不動産
  • 家電
  • 消費財
国・地域
  • シンガポール
  • タイ
  • マレーシア
  • 東南アジア

概要:「Co-Residents」とは?

家賃や生活費といった経済的な理由だけではなく、ライフスタイルや価値観を共有する人々と共同生活をするために、複数人でコミュニティ型の居住をするアジアのミレニアルズを「Co-Residents」というトライブとした。彼、彼女たちは、住居や家具、車といった耐久消費財を購入しないシェアリングエコノミーの価値観を持った上で、孤立しがちな都市の生活において、互いのライフスタイルをシェアできるコミュニティを持ちたいと考えている点が特徴的である。このトライブを調べることで、アジアのミレニアル世代の住まい方を切り口に、住居に求める条件だけでなく、仕事や食事、娯楽といったライフスタイル全体にわたる価値観を明らかにすることができる。収入に対する家賃相場の高さに加え、モビリティや働き方など、生活環境が日本とは大きく異なるアジアの都市部における、未来のライフスタイルを洞察するヒントを与えてくれるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ