日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

バス・ラグジュアリー

金曜日の夜はパーティに出かけず、
バスタブでの一人でセルフケアを楽しむミレニアル世代の女性

KeyWords
関連業界
  • コスメ
  • ヘルスケア
  • 消費財
国・地域
  • アメリカ
  • 日本
  • 欧州

概要:「バス・ラグジュアリー」とは?

数年前までは、週末や休暇となれば、家の外に飛び出し、いかにアクティブに充実した時間を過ごすかということを重要な暮らしのテーマに掲げていた意識の高い女性たちが多かった。金曜日にはクラブでダンス、週末にはフェスやキャンプにとにかく”イベント”の数を競うように増やしていた。ところがミレニアル世代の女性の一部は、友人たちと出かけて楽しむよりも、自分を労るセルフケアの時間をしっかりと持つことがクールなことだと捉えるようになってきている。そのセルフケアの象徴が「バスタイム」であるため、ここでは彼女たちのことを「バス・ラグジュアリー」と名付けた。アメリカだけでなく、日本も含めた多くの先進国の女性に共通するであろう価値観であり、彼女たちのインサイトを分析・把握することは、バス関連の消費財の開発はもちろん、化粧品や飲料などの開発・ブランディングにも大きな示唆を与えるであろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ