日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

Brain Stopping

ながら行動をすることで、脳の余計な活動を
休止させてリラックスする生活者。

KeyWords
  • アテンション
  • エコノミー
  • マインドフルネス
  • リラックス
関連業界
  • 化粧品
  • 嗜好品
  • 家電
  • 消費財
国・地域
  • アメリカ
  • 日本

概要:「ブレイン・ストッピング」とは?

仕事の連絡や新しい映画や動画のアップロードなどのニュースがひっきりなしに人間の注意を求めるアテンション・エコノミーの時代に生きる私たちにとって、ONとOFFのスイッチを意識的に切り替え、脳の活動を止めることは非常に難しい。ここでは瞑想やヨガなどの特別な行動ではなく、日々生する家事などの日常的なタスクに取り抱えることを活用して脳の動きを止め休息を得る手段としている人たちを「ブレイン・ストッピング」と名づけた。彼らは洗濯物をたたみながらポッドキャストで他人の会話を聞いたり、適度に集中することが求められるクッキングに集中したりすることで、自分が余計なことを考えるのを抑制しているのだ。彼らの意識を理解することは、消費財や化粧品、あるいはスナック製品など、様々なカテゴリーの商品に対して、脳を休めることで休息するという新しい提案を考案することが可能になるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ