日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

AI レジスタンス

監視社会やAIによるトラッキングからできるだけ抗い、
自分で情報探索、判断をしようとするデジタルネイティブたち

KeyWords
  • SNS
  • デジタルデトックス
  • デジタル・ネイティブ
関連業界
  • IT
  • SNS
国・地域
  • 日本
  • 欧米

概要:AIレジスタンスとは?

元CIAエージェントのスノーデンによる暴露は人々に大きな衝撃を与えた。欧米くまなく国家によって追跡されている事実が明らかになり、人々のプライバシー意識は一段と向上した。そんな中、AIによるトラッキングを逃れようとする生活者たちが登場している。彼らはAIによるトラッキングを防ぐため日常生活で様々な工夫を施したり、AIから逃れるための購買行動、スマートフォンでのデジタル行動を行っている。例えば、AIから逃れるためのツールを積極的に使用したり、あえてAIを混乱させるため興味のない動画を見たり、広告を見たり、サイトに行ってみたりと一見変わった行動を行っている。彼らはAIによるトラッキングをプライバシーを守るためと捉えているのに加えて、企業などに対してもトラッキングさせまいという意識を持っている。その目的としては、自分なりの生き方をしたいということが挙げられ、リコメンドに依存するのではなく自分で情報探索し、判断を下すといったことを好んでおり、その行動がしやすい環境を自ら構築しようとしている。AIレジスタンスについて詳しく調査することで、これからの広告行動や、求められる消費行動のヒントを得られるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ