日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

3D プロデューサー

Dプリントを駆使して身の回りのもの全てを自主生産したり修理・改善し続ける生活者

KeyWords
  • 3Dプリント
  • ライフスタイル
関連業界
  • 教育
  • 消費財
  • 耐久剤
国・地域
  • 日本
  • 欧米

概要:3D プロデューサーとは?

数年前3Dプリンターの登場が話題になり、技術発展が進む中でよりその活用の幅や精度が拡大・向上している。3Dプリンターはその使用用途から、家庭用や工業用まで多様な種類が展開されているが、近年サステナブルな暮らしに対する生活者の意識が高くなる中で特に家庭用の3Dプリンターへの関心が高まっている。簡単なアクセサリーや日用品であれば自宅でも作成が容易である点でサステナブルな消費を行うことができる。その中で、この3Dプリンターをより使いこなすことで、日常で消費するものだけでなく住宅や車などの生活インフラまでも3Dプリンターで生産したり、モノの修繕に活用することでよりサステナブルかつ自給自足の生活を追求する生活者を「3Dプロデューサー」と名付けた。大量消費社会の中でどのようにサステナブルな暮らしを実現していくのか、これからのサステナブルな消費の中で行われる自家生産行動はどのように変化していくのかを、このトライブの調査をすることで明らかにすることができるだろう。

 

 

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ