日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ラグジュアリーネイバー

バカンス気分で週末に近場のホテルに泊まる「ホカンス」を楽しむ若い生活者たち

KeyWords
  • Z世代
  • 女性
  • 娯楽
  • 学生
関連業界
  • イベント
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • レジャー
  • 娯楽
  • 旅行
  • 空間デザイン
  • 観光
国・地域
  • アジア
  • 日本
  • 韓国

概要:ラグジュアリーネイバーとは?

今までホテルと言えば、遠い旅先で宿泊するためだけのもというイメージが強かった。さらに、週末や休み期間の贅沢と言えば、ハイクラスなところへ出向き普段食べられないような高級なものを食べる、というような「ゴージャスさ」が求められていただろう。しかし近頃、何もない日に身近なホテルで少し上の贅沢を味わう、という行動が今の贅沢になりつつある。週末などに、近場のおしゃれなホテルに出向き、恋人や友人同士でその場を楽しむのだ。このような行為は、韓国発祥の「バカンス」と「ホテル」を組み合わせた造語である「ホカンス」と呼ばれている。以前のホテルのイメージは旅行の付属品のようなものだったが、ホカンスではあくまでもホテルでの空間を楽しむことがメインとなっている。その楽しみ方は多種多様であり、少し背伸びした良質な宿に泊まりながらその高級な雰囲気を楽しむこともできるし、食べ物や飲み物、エンターテイメント要素を自ら持ち込みそれぞれの楽しみ方をする人も多くいる。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ