日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

防災Well-being

災害時も、それに備える日常生活においても
心の豊かさにこだわる生活者

KeyWords
  • メンタルウェルネス
  • 家族
  • 防災
関連業界
  • IT
  • アウトドア
  • アパレル
  • インテリア
  • エンターテイメント
国・地域
  • 日本
  • 欧米

概要:防災Well-beingとは?

避難時に最低限の生活水準を確保するため仕方なく防災グッズを用意するのではなく、避難後も楽しみや娯楽を感じられるような心の余裕を求めたり、防災グッズとともに暮らす日常生活における豊かさも追い求めたりする生活者の行動を「防災Well-being」と名付けた。日本国内では相次ぐ地震により南海トラフのような大型災害への懸念が高まっている。また海外でもウクライナで住民が避難生活を余儀なくされている報道を目にし、避難時に対する備えが意識されるようになった。瞑想やサウナの流行にみられるように、生活者自身が心のメンテナンスを行うようになった今日において、避難時に心を穏やかに保つための備えや、日常生活にも防災グッズを楽しんで取り入れることが、防災の意味として新たに見出されつつある。このトライブについて調査することで、これからの防災のあり方についての示唆を得ることができる。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ