日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

空腹オプティミスト

心身のバランスを良好に保つために空腹状態は良いことと捉え、前向きに断食を実践する生活者たち

KeyWords
  • ファスティング
  • 空腹デザイン
  • 食事管理
関連業界
  • ヘルスケア
  • 健康食品
  • 飲食
国・地域
  • 北米

概要:「空腹オプティミスト」とは?

ベジタリアンやグルテンフリーダイエットなど、新たな食生活発信の中心地である北米では近年「痩せる」ための食生活ではなく「心と身体の健康を両立させる」ための食生活に注目が集まっている。こうした食生活の変化の中で、あえて一定時間何も食べない人々を空腹オプティミストと名付けた。彼らは決められた時間食べないことで得られる、集中力の持続、美容効果、リラックス効果といった痩せること以外の効果に価値を見出している。食べない時間を自ら管理し、食べる時は植物由来の食事や、栄養価の高い食事をとるため、心身なバランスを崩すような過度なダイエットにならないところも魅力の一つである。彼らを調べることで、空腹状態が持つ効果が明らかになり、北米の人々の健康・精神の価値観を見出すことができるかもしれない。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ