日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

戦友レジデント

同じ目標を持つ人同士で共に暮らし、励まし合うZ世代

KeyWords
  • SNS
  • Z世代
  • コミュニケーション
  • コミュニティ
  • シェアリング
  • 学生
関連業界
  • インテリア
  • エンターテイメント
  • コミュニティ
  • トイレタリー
  • 日用品
  • 消費財
国・地域
  • 日本

概要:戦友レジデントとは?

ダイエットや資格取得など、同じ目標を持つ人々と一緒に生活し、お互いに鼓舞し合うような生活者を「戦友レジデント」と名付けた。理想の自分になるためにやるべきことがわかっていても、YouTubeやTikTokなどのコンテンツをながら見してしまうことに罪悪感や不満を募らせるZ世代が増えてきている。そこでつい怠けてしまう自分を監視し、お互いに励ましあえるような存在を身近に求めるようになっている。Instagramではキラキラとした自分を呈示できるものの、日常生活を共にする相手には自分のダメなところも露わになる。ありのままの怠惰な自分を共有し、お互いに高め合えるような関係を提供する場として、シェアハウスが機能しつつある。これまで生活者は安く生活するためにシェアハウスを選んでいたが、これからはそこにいる人々と暮らしたいから、と同居人を基準にシェアハウスへの居住を選択するようになるかもしれない。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ