日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

不完全ディスクローザー

不完全さをあえて演出し他人との距離を縮めることでコミュニケーションに心理的な安心感を求めるZ世代の生活者たち

KeyWords
  • Z世代
  • コミュニケーション
  • 自己表現
関連業界
  • EC
  • 嗜好品
  • 消費財
  • 飲食
国・地域
  • 欧米

概要:「不完全ディスクローザー」とは?

現在、欧米のミレニアル世代を中心に主流となっているいかにもヘルシーで自然な感じがする表現に対し、どれも同じような見た目で人工的な表現だという嫌悪感を抱き、意図的に醜くした不完全な表現方法を好むZ世代の生活者を「不完全ディスクローザー」とした。

例えば彼らは、ミレニアル世代で主流であったSNS上に美しく加工された写真を載せることは、自分の繕った一面しか公開しておらず、本来の自分をさらけ出せていないと感じている。

「不完全ディスクローザー」は、今の自分を大切に考えているため、常に完璧な自分を表現するよりも、ノーメイクに部屋着のような完璧でない自分もさらけ出すことで、偽りのない自分を表現することができると感じている。そのため、友人やブランドの表現も、綺麗に仕上がっていない表現がより親近感を持てると感じており、商品選択や購買行動も、このようなブランドを好んで消費している。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ