日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ヴィーガン ファッショニスタ

動物や環境保護を目的とし、動物の皮を使用しない「ヴィーガンレザー」を用いた商品を身に着ける生活者

KeyWords
  • エシカル消費
  • ファッション
  • ヴィーガン
関連業界
  • アパレル
  • 食品
国・地域
  • 欧米

概要:ヴィーガンファッショニスタとは?

今までヴィーガンと聞けば、食に関してのヴィーガンのみを思い浮かべる人が多かったのではないだろうか。しかし現在では、動物や環境保護を目的とし、動物の皮を使用せずに革の見た目と質感を再現した素材である「ヴィーガンレザー」を用いた商品を身に着けることに関心を持つ生活者が増えている。そこで、このような生活者を「ヴィーガンファッショニスタ」と名付け今回調査した。Z世代はエシカルでない選択をすることに罪悪感を抱くと言われているが、それがファッション分野にも通用しているのだ。動物の屠殺の上に成り立つファッション業界を当たり前としない、自分にも着用する際の責任があると考えるように意識の大きな変革があった。様々なブランドが取り扱うヴィーガンレザーだが、種類は主に人工皮革、合成皮革、植物性レザーの3種類に分けられている。その中でも植物性レザーは、果物の葉を使ったり石油資源の使用量を抑えたりなど今までにない画期的なヴィーガンレザーであり、今後市場の拡大が期待されている。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ