レイシャルラバー

個々人の人種がもつ文化や価値観を反映した
プロダクトやサービスに対して強い共感を持ち愛用する生活者達

KeyWords
  • 80後・90後
  • Z世代
  • アイデンティティ
  • 伝統文化
  • 共感消費
関連業界
  • ウェルネス
  • エンターテイメント
  • ファッション
  • 嗜好品
  • 食品
国・地域
  • アジア
  • 中国
  • 欧米

概要:レイシャルラバーとは?

 近年、人種ベースで消費を行う生活者が増えている。これまではファッションやメイク、住まいやエンタメなど、あらゆるものがまず欧米を走りとして受け入れられてきた。しかし、近年ではそれぞれの人種が持つ文化や価値観を反映した商品やサービスを選択し、生産者や企業への共感を重視する生活者が増えている。そこで、今回は彼らをレイシャルラバーと名付け調査した。彼らの特徴は、自身の人種や文化に愛着を持ち、かつ同じアイデンティティを持つ生産者の商品やサービスを使用して共感ができることを重視している。例えば、アフリカ系黒人であれば、旅行先で一般的なホテルに宿泊するのではなく、彼らの歴史や文化を反映したホテルを選択する。このように、個人のアイデンティティを元に商品選択を行うレイシャルラバーを調査することで、グローバルへの展開を検討する際に、より愛着を抱きやすい商品やブランドの未来が描けるのではないだろうか。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ