日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

リプロダクティブ・テック

妊娠・出産の過程で積極的にテクノロジーを活用する生活者たち

KeyWords
  • フェムテック
  • 妊娠・出産
関連業界
  • IT
  • アパレル
  • 医療
国・地域
  • 中国
  • 日本
  • 欧米

概要:リプロダクティブ・テックとは?

妊娠・出産の過程で積極的にテクノロジーを活用する生活者の行動を「リプロダクティブ・テック」と名付けた。これまで妊娠・出産は宗教・文化的な観点から自然であることが望ましいと考えられ、テクノロジーの応用が他分野と比較して進みが遅かった。特に日本国内では「お腹を痛めて産んだ子」の意識のように自然分娩と愛情が結びつけて考えられていたものの、SNSの登場により先進的な出産経験者の意見を目にするようになり、その神聖視は崩れつつある。世界的に見てもフェムテック が注目を集めるように、リプロダクションにテクノロジーを活用する機運は高まってきている。このトライブについて調査することで、未来の妊娠・出産のあり方についての示唆を得ることができる。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ