モバイルレジデンツ

一般的な賃貸や持ち家で暮らす、という選択をしない生活者

KeyWords
  • グローバルノマド
  • コミュニティー
  • サブスクリプション
  • シェアリング
  • モビリティ
  • ライフスタイル
  • 暮らし
  • 移動
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • モビリティ
  • 不動産
  • 住宅
  • 旅行
国・地域
  • グローバル

概要:モバイルレジデンツとは?

どこかの場所に固定された「家」に住むのではなく、民泊サービスなどを用いて自らの意志で住む場所を転々とし、移動しながら暮らす人々をモバイルレジデンツと定義した。彼らは住む家や街を数週間から数カ月単位で変えることで、そこでの新たなヒト・モノ・コトとの出会いを求めている。ADDressなどの多拠点生活プラットフォームや、Airbnbなどの民泊サービスによって、従来の不動産業と比べて経済的・心理的・手続き的に簡単に移住しながらの生活が可能になった。
また、建物としての家というものすらも放棄し、車を自らの家と定めて文字通り移動しながら暮らす人々も登場した。彼らは「家」と「外」の間に境界線はほとんど存在せず、物理的に家を必要としていないということ以上に、精神的な「ホーム」すらも、彼らは必要としていない。COVID-19の感染拡大によってノマドワークが普及した現在、モバイルレジデンツが持つ居住と移動に対しての価値観はより重要になるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ