日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

メタバース生産者

メタバース上で様々な生産活動を行うことで
仮想通貨を稼ぎ生活する生活者

KeyWords
  • NFT
  • エンターテイメント
  • クリエイター
  • ゲーム
  • バーチャル体験
  • メタバース
  • 仮想通貨
  • 働き方の変化
関連業界
  • メタバース
  • ライフスタイル
国・地域
  • グローバル

概要:メタバース生産者とは?

2022年はメタバース元年と呼ばれており、アバターを使い、仮想空間上で交流しながら働き、フォーナイトなどのゲームを楽しむ、さらに仮想通貨を通して巨額の取引をする場所として活用している生活者が増加しつつある。そんな中、メタバースという仮想空間で様々な生産活動を行うことで仮想通貨を稼ぎ、それを実生活に応用するという先進的な生活者が登場した。今回は彼らを「メタバース生産者」と名付け、調査した。現実生活の生産活動は、個人個人の体力やスキルなどによって、労働量に応じた対価が支払われるような仕組みとなっているが、メタバース生産者は仮想空間でゲームをしたり、歩いたりするなど、特化したスキルや能力がなくても動いた分、遊んだ分に対する対価を獲得し、「X to earn」という新たな経済モデルを構築している。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ