日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ホルモン・ルーチナー

自分の健康管理を徹底するために、
月経周期に合わせた運動習慣を構築する生活者たち

KeyWords
  • Z世代
  • セルフケア
  • ヘルスケア
  • 体調管理
関連業界
  • ウェルネス
  • パーソナルケア
  • フィットネス
  • ヘルスケア
  • 健康食品
  • 食品
国・地域
  • 欧米

概要:ホルモン・ルーチナーとは?

自粛生活が続き、ジム通いなど、外でする運動習慣が絶たれたため、健康習慣をルーチン化しようとする動きが出始めている。特に、在宅では自身での健康管理が重要である。最近は、その管理をするための指標の一つとして、月経周期を用いる女性が見受けられる。自身のホルモンバランス状態を考慮することで、健康習慣のルーチン化を試みている女性を「ホルモン・ルーチナー」と名付けた。具体的には、筋肉増強が見込めるエストロゲン(女性ホルモンの一種)が多く分泌されているとされる月経初日には強度の強い運動、月経前症候群(イライラなどの精神症状)が現れ始める月経直前期には水泳等リラックス出来る運動、というように運動のメニューを月経周期の時期によって決めている。ホルモンルーチナーを調査することによって、月経周期と健康増進の関係に対する価値観の変化が明らかになると考えられる。この調査は月経周期をルーチンの指標とするヘルスケア商品の開発に繋がるのではないだろうか。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ