日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ペア・ウェルビーナー

一人でマインドフルネスを実践できないため
ペットをウェルビーイングのパートナーと捉える生活者

KeyWords
関連業界
  • IT
  • 嗜好品
  • 消費財
  • 飲食
国・地域
  • 欧米

概要:「 ペア・ウェルビーナー」とは?

ここ数年欧米で流行しているウェルビーイングでは、瞑想やヨガなどのマインドフルネスを実践し、自分の心を落ち着けることで精神的な充足感を増す人が多かった。しかし近年、結婚せずに一人で暮らす生活者が増えたことで、瞑想のように一人で実践するウェルビーイングでは孤独さや寂しさを解消することができず、長くウェルビーイングの状態を持続できないと感じるようになっている。そのため、人用の嗜好品や健康食品をペットに与えペットと共にリラックスタイムを共有することで、よりペットとの家族感を強く感じ、ウェルビーイングの状態を長く持続しようと試みる生活者「 ペア・ウェルビーナー」が増えている。一人ではマインドフルネスを行うことが難しいためパートナーが必要だと感じている彼らを調査することで、現在のウェルビーイングを実現するにあたっての課題が明らかになり、今後のウェルビーイングへの示唆が得られるでしょう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ