日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ヘルス・オートマター

デジタル技術を活用して自分の体を改造することで
病気やストレスのない体づくりを目指す生活者達

KeyWords
  • テクノロジー
  • デジタル
  • ヘルスケア
  • 健康
関連業界
  • ヘルスケア
  • 健康
  • 医療
  • 家電
国・地域
  • 欧米

概要:ヘルス・オートマターとは?

近年、新型コロナウイルスの影響や人生100年時代と呼ばれるようになったことから、健康への関心が高まっている。そんな中、自身の体をデジタル化することで、病気やストレスのない体を作ろうとする生活者が登場している。彼らはマイクロチップを埋め込むなど、自身の一部を改造することで、日々の健康状態を記録するだけでなく、病気にならない体を作ろうとしているのだ。今回は彼らをボディハッカーと名付け調査した。彼らは体をデジタル化することによって健康状態を把握するだけでなく、身体機能を高めようとしている。また、身体だけでなく、脳インプラントを活用することで、うつ病やパーキンソン病など精神的な病気にも対応しようとしている。今後、医療技術の発展とともに、ボディハッカーのように病気やストレスのない体をつくることに関心をもつ人が増えていくかもしれない。今回のボディハッカーの調査から、ヘルスケアに関する新たなヒントが得られるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ