日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ファン・スリーパー

睡眠を疲労回復だけではなくエンターテイメントとして捉える生活者の登場

KeyWords
  • Z世代
  • エンターテイメント
  • 睡眠
関連業界
  • 消費財
国・地域
  • ヨーロッパ

概要:ファンスリーパーとは?

近年、スリープテックは「人々の睡眠を良質にする為」に発展を遂げてきた。例えば、アップルウォッチ等のウェアラブルデバイスの普及は、人々の睡眠を正確に把握することを助け、フィードバックを与えることができるようになる。それを受け「良質な睡眠を得たい」ために最適な環境を用意するのは当たり前の価値観になりつつある。それに加え、睡眠に対して異なる姿勢を示す生活者が登場している。これまでは、週に5日出社で働くといった肉体的に疲労の多い生活をしているのが一般的だが、コロナ禍を経って、リモートワークが一般的となり、肉体的な疲労が軽減され、睡眠に必ずしも体力の回復を求める必要がなくなった。それを反映し、睡眠という行動を「楽しむ」ものとして捉え、毎日の幸福度を上げていこうという生活者が現れた。我々はこの人たちを「ファンスリーパー」と名付けている。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ