日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ファンファバー

自分自身の楽しさや、自分なりの理想を掲げながらものづくりに取り組む人たち

KeyWords
  • カスタマイズ
  • テクノロジー
  • 調査済み・レポート有り
  • 購買体験
関連業界
  • インテリア
  • 家電
  • 小売
国・地域

概要:ファンファバーとは

3Dプリンターやレーザーカッターなどの工作機械や、CADソフトなどのデザインシステムの普及により、工場などの特殊な製造設備を用いることなく、自宅や自前のガレージ(ラボ)でものづくりを行う生活者が増加している。昨今ではデジタルファブリケーションと呼ばれるこうしたものづくりのあり方を実践する生活者の中でも、自分自身の楽しさや、自分なりの理想を掲げながらものづくりに取り組む人たちを「ファンファバー」と定義した。彼らは仕事として、趣味として、生活の一部としてものづくりに取り組んでおり、一言でものづくりと呼んでも、その目的や意識は多岐に渡る。こうした、様々なものづくり行動を通じたファンファバーの営みを紐解くことで、さらにものづくりが一般化した未来における、人々のモノの使い方、手に入れ方を見通す。本調査結果は、製造業やDIY産業は元よりモノを媒介としたSNSコミュニケーション業界などに転用可能な新たな示唆を与えるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ