日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ピットイン・プリベンター

日々の習慣としての予防行動ではなく、
身体への負荷を瞬間的に和らげながら予防まで完結させる生活者

KeyWords
  • ウェルネス
  • ヘルスケア
関連業界
  • ヘルスケア
  • 医療
  • 食品
国・地域
  • 日本
  • 欧米

概要:ピットイン・プリベンターとは?

ヘルスケアへの関心が高まる一方で、ストレス社会に直面しているという現状も存在する。また予防医療や予防行動への関心の高まりや、人生100年時代を意識したライフスタイルの形成といった価値観のシフトが起こる中で、自身の心身の健康管理と多忙な生活のバランスを取ることが、特にミレニアル世代を中心に求められていると言える。そうした中、現状心身に異常がないながらも、仕事や趣味による睡眠時間の欠如といった体に負荷をかけてしまう状況において、瞬間的に漢方入りのドリンクを服用。それにより将来健康状態が崩れることを防ごうとする生活者を「ピットイン・プリベンター」と定義した。彼らは多忙社会を生きる中で、習慣的な予防行動を取り続けることへの手間や、まだ体感していない病気や症状に対して備え続けることへの気苦労よりも、症状の兆しがある瞬間での対処によって、健康な心身を維持し続ける手軽さを求めている。つまり、恒常的な予防よりも夜更かしや仕事での疲労感のような、身体への頻繁な負荷が生じるタイミングでの予防行動に価値を見出しているのだ。彼らを調査することで、これからの働き方やライフスタイルに合わせた予防行動とは何か、そのヒントが得られるのではないだろうか。

 

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ