日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

バーチャル育児家

オンラインコンテンツやデジタルアプリを積極的に利用し、
子育てに奮闘するミレニアルの親世代

KeyWords
関連業界
  • IT
国・地域
  • アメリカ

概要:“バーチャル育児家”とは

アメリカでは今まで親戚や隣近所の子供をベビーシッターとして雇い、子育てに助けてもらうのが一般だった。しかし、デジタルネイティブと呼ばれるミレニアル世代において、オンラインリソースを活用し、ベビーシッターはいつでも繋がるYoutuberを利用したり、お金管理などの教育はアプリを活用したりすることで子育てを行なっている。その結果、ジェネレーション・アルファと呼ばれるミレニアル世代の子供たちは親世代よりも早くもインターネットを使いこなし、オンラインで得られた情報や知識によって早い段階で子供の自立を促すことができることが価値として考えている。我々はこのようにインターネットリテラシーの高いミレニアル親たちを「バーチャル育児家」を名付けている。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ