日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

バイオハッカー

これまでのように医者に頼るのではなく、身体的な問題に対して3Dテクノロジーやオープンリソースを活かしてDIY的に対処する生活者たち

KeyWords
  • 3Dプリント
  • ウェルネス
関連業界
  • ウェルネス
  • スキンケア
国・地域
  • 欧米

概要:バイオハッカーとは?

インターネットがもたらした情報革命は、情報の民主化だったとも言える。今では、専門家しか共有していなかったような知識が今では人々が簡単にアクセスできるようになった。それは、専門性が高いと見られていた医療領域でも例外ではない。そのような中、3Dテクノロジーやオープンリソースによる情報摂取を駆使して、自分で医療器具の作成や薬の生成に取り組む生活者たちが登場している。彼らはGoogle Scholarなどで公開されている最新の論文や臨床試験の情報などを手に入れ、自宅で不老不死を目指して薬の作成をしてみたり、3Dプリンターを使って個人では作れないと思われていた医療器具の作成を行っている。彼らは高騰している薬や医療行為の値段に課題意識を持っており、自分で作成することにより安価に手に入れられるところに魅力を感じている。バイオハッカーについて詳しく調査することで、これからの時代に求められる健康の在り方や、それを踏まえたライフスタイルの未来がはんめいするのではないかと考えている。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ