日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ハイブリットペアレンツ

性別や仕事にとらわれず、
子育てに柔軟に取り組んでいく夫婦たち

KeyWords
  • コミュニティー
  • シェアリング
  • ミレニアル世代
  • ライフスタイル
  • ルームシェア
  • 地域コミュニティ
  • 多様性
  • 暮らし
関連業界
  • ウェルネス
  • 教育
国・地域
  • アジア

概要:ハイブリットペアレンツとは?

従来の子育ては、母親が家で専門的に行い、父親が外で稼ぐという分業体勢の上で行われてきた。しかし、近年共働き世帯の増加や女性の社会進出に伴い、こういった子育の常識は変化しつつある。男性の育児休暇の取得率は増え、フリーランスとして働きながら子育も行う若い親が増えている。また、周りの人を積極的に巻き込んだ育児も実践されており、旧来の子育ての価値観が大きく変化している。これは、ミレニアム世代に代表される人々の新たな子育の実態であり、これからの親、そして夫婦の姿だろう。もはや男性・女性、家庭・仕事の境目は曖昧になっており、ハイブリッドであることが求められている。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ