日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ハイジーン・リッチ

コロナ禍の中、除菌を通して
清潔であろうとする中国の生活者たち

KeyWords
関連業界
  • モビリティ
  • 消費財
国・地域
  • アメリカ
  • 中国

概要:「ハイジーンリッチ」とは?

新型コロナウイルスがきっかけで、中国ではマスクの着用、頻繁な手洗いうがい・衣類の消毒を行うことがルーティーンになるなど、この数ヶ月間で国民の衛生意識が非常に高まってきた。その中で特に、除菌に対するこだわりを持ち、日常生活のあらゆるシーンにおいて除菌を強く意識して過ごす生活者たちを「ハイジーン・リッチ」と名付けた。彼らは除菌を清潔さの基準とし、商品の選び方、食事の取り方やモビリティの選択を行うようになっている。例えば、食事は大皿ではなく一人分の分量で小分けになっている食事、洗濯/掃除用品は高機能除菌付きの商品を優先的に選んでいる。また交通手段は公共機関は使わず、細菌との接触を避けるため、車内に外付けの空気清浄機器を備え付けた自家用車での移動を徹底するなどしている。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ