日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ノイズ・キャンセラー

騒音に敏感、静かな空間を求め、空間設計や電子デバイスを活用し
音の掛け算を通じて居心地良い空間作りにこだわっている中国生活者

KeyWords
  • インテリア
  • ライフスタイル
関連業界
  • インテリア
  • 家電
  • 空間デザイン
国・地域
  • 中国

概要:イズ・キャンセラー とは?

中国は急速な経済発展を遂げ、国民のより良い生活環境に対する関心度が高まってきたことに連れ、国として自然環境や空気質、食品安全への管理規制が厳しくなってきた。その中、目に見えない汚染、「生活騒音」に敏感な生活者が現れてきた。我々は「ノイズ・キャンセラー 」と名付けている。彼らにとって、質のある生活とは、高額なブランド品、広い住宅、ハイテク家電を有するだけではなく、いかに居心地良い「静かさ」で暮らせているかが象徴となっている。外部の騒音に邪魔されず、落ち着く状態を維持することも優雅だと捉えている。そのため、彼らは空間設計や家具、電気にこだわっており、仕事や休み、運動など様々な生活シーンの中で達したい状態を音の力で実現しようとしている。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ