日本国内外の先端事例や生活者トレンドをSEEDATA独自の視点で分析し、ブログ形式で配信しています。News

ネオ・アクティブシニア

ゲームやSNSを通じてオンライン上で
社会的交流を楽しむシニアたち

KeyWords
  • eスポーツ
  • SNS
  • ゲーム
  • コミュニケーション
  • シニア
関連業界
  • SNS
  • ゲーム
国・地域
  • 日本
  • 欧米

概要:ネオ・アクティブシニアとは?

フィンランドのアールト大学と英オックスフォード大学の研究チームによると人の交友関係は通常25歳がピークで、その後何十年もキャリアと家庭を築くことに集中し、定年を迎えるころには社会的コミュニティとの繋がりはほぼなくなるという。定年後、新たに地域や社会のコミュニティへ参加するには多くの時間や労力がかかってしまう。そんな中で、オンラインサービスを活用してコミュニケーションを楽しみ、社会的繋がりを作ろうとするシニアが登場している。彼らはオンラインゲームやシニア向けSNSを活用してオンライン上で交友関係を築いているのだ。そこで、今回は彼らを「オンラインアクティブシニア」と名付けた。彼らは現実世界で地域間のコミュニティを探し、参加するのではなく、オンライン上で気軽に参加でき、永続的に繋がれるコミュニティに参加することで、現実世界では実現できない交友関係を実現できると考えているのだ。オンライン上でコミュニティを作り、ゲームやスポーツ、芸術などを通じてコミュニケーションをとることで、家族や若者との関係構築を可能にしている。彼らを調査することで、これからのシニアにとってのコミュニケーション体験やオンライン体験に関する新しいアイデアが得られるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ