ネオノマド

仕事もプライベートも複数の拠点とコミュニティを持って生活する人たち

KeyWords
  • Z世代
  • グローバルノマド
  • コミュニティー
  • ルームシェア
  • 仕事
  • 働き方の変化
  • 在宅ワーク
  • 地域コミュニティ
  • 暮らし
  • 調査済み・レポート有り
関連業界
  • 住宅
  • 情報
  • 教育
  • 旅行
国・地域

概要:ネオノマド

ノートパソコンなどを用い、職場を選ばず、カフェや図書館などで仕事をする「ノマドワーカー」、都心以外にも居住地(おもに田舎)を持ち、継続して二地点の反復的な滞在を行う「デュアルライフ」、この2つの要素を合わせたともいえる概念が「ネオノマド」である。
彼らは都会と地方に2か所以上の居住地を持ち、場所を選ばずどこでも仕事をする。さらにその仕事自体も複数持ち、たとえば平日は都会で会社員として勤め、休日は地方で町おこしや地方住民との協働を行うといった形で、単一の場所や仕事から解放された形で生活を行っている。地方活性化ビジネスや週末起業など、ワークスタイルの多様化が話題になっているが、このネオノマドはその最先端と言える。数は少ないが既に存在している彼らネオノマドに密着することで、近未来にありうる多様な働き方とそれに伴う行動様式や消費形態への知見が得られるだろう。

この記事の続きを読むには?

有料会員の方

こちらからログインしてください。

非会員の方

この記事を閲覧するには、月額会員(有料)に登録する必要があります。

SEEDATAアナリストに
質問・相談する
お問い合わせ